タンパク質源の違いによるトレーニング効果の違い

トレーニング後のたんぱく質の摂取が身体に好影響を与えることは広く知れ渡っており、多くの研究もされています。トレーニング後のタンパク質の摂取は体内のタンパク質の再合成を活性化し、筋肥大や筋力増加、また除

この記事を見る

ランナーにおけるレジスタンストレーニングと骨密度の関係

ランニングは用具も必要なく気軽に行えるスポーツですが、実は、誰もが皆すぐにランニングを始めることができるかと言えばそうではありません。特に体重が多い人はランニングによる怪我が起きやすいと言われています

この記事を見る

静的ストレッチとハムストリングの筋損傷の受傷リスク

スポーツ活動中のハムストリングの筋損傷は大きな問題となり得ます。ハムストリングはその構造や機能上、大きな負荷がかかりやすく(1)、傷害予防のためのプログラミングにおいて大きな焦点が当てられる部位です。

この記事を見る

筋膜リリースとダイナミックストレッチの効果の比較

Myofascial Release(MR:筋膜リリース)とは、徒手を用いた軟部組織への療法で制限のある筋膜に対して伸張を促すテクニックです(1)。近年は、一人でもできる方法としてSelf-Myofa

この記事を見る

可変性負荷による活動後増強作用(PAP)の研究

この研究におけるキーワードが2つあります。 一つがPost-Activation Potentiation(PAP)。日本語に訳すのが難しい言葉ではありますが、活動後増強効果や活性後増強効果と訳

この記事を見る

バックスクワットのコンセントリック局面の速度に関する要因の分析

VBT(Velocity Based Training:(バーベルの)速度を基準としたトレーニング)は近年、トレーニング効率を向上させるために注目を集めているトレーニング方法の一つです。 VBT

この記事を見る

レップ持続時間がレジスタンスエクササイズのボリュームと筋活性に与える影...

Journal of Strength and Conditioning Researchの2018年32(9)号においてレップ持続時間とレジスタンストレーニングのボリュームと筋活性についての論文が発

この記事を見る

JSCR文献紹介:セット間の休息時間がホルモンの分泌に与える影響

セット間の休息がトレーニング直後のホルモンの反応におよぼす影響、また長期的なトレーニングがその反応にどのような変化をもたらすか? セット間の休息を変化させることによるホルモンの分泌の変化、筋力や筋肥

この記事を見る

JSCR文献紹介:筋損傷へのアイシングの効果

エキセントリック運動を行った後使用した筋に対してアイシングを行ったことに対する体の反応を検証した文献です。痛みや筋力などの指標だけでなく炎症や損傷具合の指標となる生化学的なマーカーや血流量などの指標も

この記事を見る

JSCR文献紹介:レジスタンストレーニングvs静的ストレッチ

レジスタンストレーニングが筋力のみならず柔軟性に与える影響を静的ストレッチの効果と比較した文献を紹介します。 ※この情報はJSCRに掲載された論文の内容を要約し日本語訳にしたものを教育目

この記事を見る