アスリートによるプロバイオティクスの摂取

プロバイオティクスとは腸内において身体に有益な働きをする微生物であり、乳酸菌はその最も有名な例でしょう。近年はアスリートに対するプロバイオティクスの効果についての研究が増えてきています。それらの研究で

この記事を見る

レジスタンストレーニングからの回復はセットの構成によって変化する

レジスタンストレーニングは身体に急性的な様々な反応を引き起こします。筋機能の低下をはじめ、様々なホルモンも分泌されます。このような反応は、レジスタンストレーニングの強度やボリュームなどに左右され、長期

この記事を見る

コンカレントトレーニングの強度の問題

コンカレントトレーニングとは一つのトレーニングプログラムに、筋力やパワーを向上させるためのレジスタンストレーニングと持久力の向上を目的とした有酸素トレーニングを組み合わせるトレーニング方法です(1)。

この記事を見る

ストレングスアスリートに対するケトン食

ケトン食とは脂肪分が多く、タンパク質と炭水化物が少ない食事のことを指し、典型的な脂肪対炭水化物およびたんぱく質の割合(グラム数で)は3対1または4対1とされています。通常のエネルギー源である炭水化物の

この記事を見る

エクササイズによるハムストリングの筋活動の違い

一般的にノルディックカールやノルディックハムストリングカールと呼ばれているノルディックハムストリングエクササイズは大腿部後面の筋群に対するエクササイズの一つです。近年は筋力向上だけでなくハムストリング

この記事を見る

学業のストレスは怪我の発生を増加させる

スポーツにおける怪我の原因として疲労や筋力などの不足といった身体的な要因は広く認識されています。しかし、怪我の発生に対する心理的な要因についても多くの研究がなされています。ストレスの大きさやその対処が

この記事を見る

リカバリーを促進させる要素:後半

前回のコラムではトレーニング間のリカバリーに対する栄養やマッサージの効果などについて検証されていました。今回のコラムでは同セクションの後半を紹介します。   潜在的にリカバリーを

この記事を見る

リカバリーを促進させる要素:前半

試合やトレーニングにおいてよいパフォーマンスを発揮するためには、前回の試合やトレーニングからしっかりと身体が回復していることが必要です。より速く身体が回復できることで、強度の高いトレーニングをより頻繁

この記事を見る

投球動作時の下肢筋群の貢献

野球の投球動作において、ボールを加速させ160km/hを超える球速を達成させるためには下半身と上半身の協調性が取れた動作が必要とされます。多くの研究は上半身のキネマティックスやキネティックスに注目して

この記事を見る

スポーツトレーニングと並行したプライオメトリックトレーニング:いつ実施...

プライオメトリックトレーニングは筋パワーの向上を主な目的として行われ、結果として跳躍やスプリント、アジリティなどのパフォーマンスの向上につながります(1)。筋パワーの出力を最大化しトレーニング効果を高

この記事を見る