エクササイズの可動域とdetraining

今回の研究では2つのトピックについて同時に検証しています。一つ目はレジスタンスエクササイズ中の可動域が筋の構造や能力に与える影響です。これについてはいくつかの先行研究があり、上半身、下半身ともに広い可

この記事を見る

柔軟性の向上は機能的動作に移行するか?

トレーニングやリハビリの目的の一つに機能的動作の向上や再獲得が挙げられます。そのような機能的動作はいくつもの身体要素、例えば筋力や柔軟性、協調性、持久力などが複雑に組み合わさることで構成されています。

この記事を見る

減量中における筋量維持のためのサプリメント摂取

プロテインサプリメントの摂取はレジスタンストレーニングやスポーツを行うアスリートや一般の人にとって一般的です。特にレジスタンストレーニングにおけるプロテインサプリメントの効果には、筋肥大に始まり、筋力

この記事を見る

プッシュアップの負荷の定量化

プッシュアップ(腕立て伏せ)は代表的な上半身の自体重エクササイズです。様々な方法で行うことができ、エクササイズの漸進や減退のバリエーションも豊富にあります。しかしながら、動員される筋や可動域の似ている

この記事を見る

トレーニングからの回復に年齢は関係あるか?

加齢に伴ってスポーツや運動のパフォーマンスが低下していくといわれています。確かにMcLesterらは(3)30歳以下の若年群と比較して50歳以上の中年群はエクササイズ後の回復により長い時間を要したこと

この記事を見る

負荷を増加させるか?それともエクササイズを変えるか?

トレーニングにはオーバーロードの原則があり、身体に適応を促すにはより大きな刺激を与える必要があります。その方法には、負荷を増加させるだけでなく、トレーニングの頻度やセットを増加させる、エクササイズを増

この記事を見る

エクササイズによるハムストリングスの筋活性の違い

多関節筋は複数の関節にまたがる筋であり、近位の関節と遠位の関節でそれぞれの機能があります。その多関節筋の代表的なものがハムストリングスでしょう。ハムストリングスは大腿二頭筋(長頭、短頭)、半腱様筋およ

この記事を見る

ジュニアアスリートに対する方向転換スピードのためのトレーニング

多くのスポーツにとってアジリティは非常に重要なパフォーマンス要素です。アジリティは「刺激に反応した速度の変化や方向転換を伴う急速な全身の動作(1)」であるといわれています。方向転換のスピードはそのアジ

この記事を見る

足関節の背屈制限とスクワット時の床反力の非対称性

過度な非対称性はけがのリスク要因になるだけでなく(1)、パフォーマンスにマイナスの影響を与える要因にもなるとも報告されています(2)。この非対称性には筋力やパワー発揮をはじめ、可動域や動作の速度、柔軟

この記事を見る

類似したエクササイズのトレーニング効果の比較

筋電図は筋の活性を計測する方法であり、これを用いることで、異なるエクササイズ間における特定の筋の活動量を比較することができます。子の活動量ですが、筋力の向上や筋量の増加を目的としたとき、最大アイソメト

この記事を見る