ウォームアップにおける高強度エクササイズの効果

ウォームアップは傷害の予防のみならずスポーツパフォーマンス向上のためには必要不可欠なものとなっています。適切なウォームアップは血流を増加させることによって体温を上昇させることから始まり、筋の柔軟性や関

この記事を見る

両側と片側エクササイズの相互作用

筋力向上には計画的にトレーニングプログラムを変更する必要があり(1)、単一のエクササイズを同じ方法で長期間行ってしまうことで筋力の向上が停滞してしまいます。ベーシックな両側性のエクササイズであるスクワ

この記事を見る

上半身と下半身のレジスタンストレーニングの組み合わせ

スポーツパフォーマンスのピリオダイゼーション(期分け)において、筋肥大期、最大筋力期、パワー期とリニア(直線的)なピリオダイゼーションを計画することも多いと思います。最大筋力向上のためには高強度でトレ

この記事を見る

HIIT vs スポーツ特異的ドリル:持久力向上のためのトレーニング

エネルギーシステム(持久系能力)のトレーニングはアスリートにとって重要なトレーニングの一つです。スポーツによって求められるエネルギーシステム(ATP-CP系、解糖系、有酸素系)の配分は異なり、そのため

この記事を見る

ウェイトリフティングエクササイズvs荷重したスクワットジャンプ

クリーンやスナッチといったウェイトリフティングの種目によるパワーや跳躍パフォーマンスの向上効果は多く報告されています(1、2、3、4)。しかしながらウェイトリフティングのエクササイズの習得は容易ではな

この記事を見る

適切なスクワットのフォームとは?

「膝がつま先より前に出ないように!」 スクワットを行っている時このような指示を聞いたことはありませんか?この研究では膝の前方への移動がエクササイズ中の各関節のトルクにどのような影響が出るのかを検

この記事を見る

異なるトレーニングボリューム(総レップ数)の急性的な効果の比較

張力下の時間(Time Under Tension: TUT)はこのコラムで以前紹介したように筋肥大を目的としたトレーニングにおいて重要なトレーニング刺激の一つとなります(1)。 トレーニング効

この記事を見る

コンプレッションウェアの効能

近年、多くのアスリートから一般の方までが着用するコンプレッションウェア。その効果を検証する研究は以前から行われており、様々な結果が報告されています。簡単に結果をまとめると以下のことが報告されています。

この記事を見る

適切なウォームアップによって筋へのダメージを軽減する

ウォームアップの重要性はこれまで多くの研究で証明されてきました。適切なウォームアップはスプリント(1、4)やアジリティ(2)、パワー(2)、跳躍(2、4)、持久力(3、4)や柔軟性・可動域(3)など様

この記事を見る

高負荷のレジスタンストレーニングによる可動域の適応

トレーニングの適応を考えるうえで重要な原則としてSAIDの原則があります。SAIDとはSpecific Adaptation to Imposed Demandsの略で、「課せられた要求に対し、筋(ま

この記事を見る