熱中症とトレーニング

熱中症とは? 人間の身体は深部体温を37.5℃前後に保つようにできています。スポーツや身体活動などによる筋肉の収縮によって熱が生み出されますが、身体は発汗や放射などによって熱を体外へと逃がし体温

この記事を見る

スポーツトレーニングと並行したプライオメトリックトレーニング:いつ実施...

プライオメトリックトレーニングは筋パワーの向上を主な目的として行われ、結果として跳躍やスプリント、アジリティなどのパフォーマンスの向上につながります(1)。筋パワーの出力を最大化しトレーニング効果を高

この記事を見る

ハムストリングの筋損傷は柔軟性だけの問題ではない

柔軟性と傷害の関係性についてはこれまでに多くの議論がなされてきました。特に、筋損傷の発生率の高いハムストリングとその柔軟性についての研究は多数なされています。Van Doormaalら(1)やGabb

この記事を見る

ディトレーニング

ディトレーニングとは? ディトレーニングとはトレーニングの減少や休止という意味だけでなく、それによってそれまでのトレーニングによって獲得した解剖学的、生理的及びパフォーマンスの適応の部分的または全体

この記事を見る

思春期年代のラグビー選手におけるレジスタンストレーニング

ラグビーはコリジョンスポーツの一つであり、様々な身体要素が必要とされます。筋力をはじめ、筋パワーや有酸素及び無酸素性の持久力、スピード、さらには身体のサイズなどが高い競技レベルにおける重要な要素であり

この記事を見る

ユース年代の下肢間の非対称性とパフォーマンスの関係

サッカーはその競技の特性上、利き足と非利き足の筋力差が出やすく、非対称性が大きい種目でしょう。非対称性は傷害の一因となり得るとの研究報告もあり(2)、筋力やパフォーマンスの非対称性はアスリートにとって

この記事を見る

子どものためのレジスタンストレーニング

アスリートのみならずレジスタンストレーニングの効果は子どもにも有効的!一般的に言われている子どもへのレジスタンストレーニングについての迷信を科学的に反証しながらその効果を論証しています。 文字数:5

この記事を見る