体幹の安定性と股関節の発揮筋力の関係

コア(体幹)の安定性のトレーニングの主な目的は体幹筋群の機能を高め脊柱の安定性を高めることです。体幹筋群の働きによって腹腔内圧が増大し(2、4)、腹腔内圧が増大することで脊柱への負荷を減少させられるこ

この記事を見る

精神的な疲労と身体のパフォーマンス

疲労とは不調や身体活動からの忌避といった主観的な症状または客観的なパフォーマンスの減退と表すことができます(2)。疲労には身体的および精神的な要素があります。身体的な疲労が身体のパフォーマンスに影響を

この記事を見る

バンドを用いたスクワットでパワーと筋力を向上させる

スクワットやベンチプレスなどのエクササイズを行う際にプレートに加えて、レジスタンスバンドやチェーンなどを用いるトレーニングは可変性抵抗トレーニング(Accommodating Resistance T

この記事を見る

トレーニング後の筋機能の回復に適した栄養摂取

エクササイズやトレーニング後の栄養摂取はリカバリーを促進するために非常に重要です。トレーニング後の炭水化物の摂取はトレーニング中に使用されたグリコーゲンの合成に必要であり、また、たんぱく質の摂取は筋中

この記事を見る

筋力向上には高重量のレジスタンストレーニングが必要

筋力を発揮する際はそれに応じた運動単位が動員されます。運動単位とはα運動神経が支配する筋線維からなり、活性化される運動単位の数やその発火頻度によって発揮される筋力が変化します。最大筋力やパワーの増加は

この記事を見る

コンカレントトレーニングの強度の問題

コンカレントトレーニングとは一つのトレーニングプログラムに、筋力やパワーを向上させるためのレジスタンストレーニングと持久力の向上を目的とした有酸素トレーニングを組み合わせるトレーニング方法です(1)。

この記事を見る

ストレングスアスリートに対するケトン食

ケトン食とは脂肪分が多く、タンパク質と炭水化物が少ない食事のことを指し、典型的な脂肪対炭水化物およびたんぱく質の割合(グラム数で)は3対1または4対1とされています。通常のエネルギー源である炭水化物の

この記事を見る

スポーツトレーニングと並行したプライオメトリックトレーニング:いつ実施...

プライオメトリックトレーニングは筋パワーの向上を主な目的として行われ、結果として跳躍やスプリント、アジリティなどのパフォーマンスの向上につながります(1)。筋パワーの出力を最大化しトレーニング効果を高

この記事を見る

脚をゆすることで跳躍パフォーマンスが向上する?

身体が高いパフォーマンスを発揮しようとするとき、筋間のコーディネーションが重要となります。筋間のコーディネーションとは、動作が起こるうえでの主動筋と拮抗筋の適切な出力及びタイミングであり、スポーツ中に

この記事を見る

コアの機能とパフォーマンス

コア、体幹筋群、の機能やトレーニング方法については決定的なエビデンスが少なく(1)、どのようなトレーニング方法が最もスポーツパフォーマンスの向上にとって効果的であるかについては多くの議論が行われていま

この記事を見る