学業のストレスは怪我の発生を増加させる

スポーツにおける怪我の原因として疲労や筋力などの不足といった身体的な要因は広く認識されています。しかし、怪我の発生に対する心理的な要因についても多くの研究がなされています。ストレスの大きさやその対処が

この記事を見る

熱中症とトレーニング

熱中症とは? 人間の身体は深部体温を37.5℃前後に保つようにできています。スポーツや身体活動などによる筋肉の収縮によって熱が生み出されますが、身体は発汗や放射などによって熱を体外へと逃がし体温

この記事を見る

ディトレーニング

ディトレーニングとは? ディトレーニングとはトレーニングの減少や休止という意味だけでなく、それによってそれまでのトレーニングによって獲得した解剖学的、生理的及びパフォーマンスの適応の部分的または全体

この記事を見る

未経験者によるクリーン習得のメリットとデメリット

多くのスポーツでパワー発揮や跳躍力は選手のパフォーマンスを決定する重要な要素の一つであり、クリーンやスナッチといったウェイトリフティングエクササイズがそれらを向上させるためのエクササイズとして取り入れ

この記事を見る

コーチング:内的または外的に意識を集中させる

コーチングする際の声がけや指示によって、正しい動作を行わせたり、パフォーマンスを向上させたりするすることができます。ストレングス&コンディショニングコーチやパーソナルトレーナーにとって、正しい動作をク

この記事を見る

キャッチするか、キャッチしないか:パワークリーン

パワークリーンなどのクリーンからの派生種目はパワーやジャンプのパフォーマンスの向上のために非常に有効なエクササイズです(1)。そのため多くのトレーニングプログラムに取り入れられ、スポーツパフォーマンス

この記事を見る

ウェイトリフティングエクササイズvs荷重したスクワットジャンプ

クリーンやスナッチといったウェイトリフティングの種目によるパワーや跳躍パフォーマンスの向上効果は多く報告されています(1、2、3、4)。しかしながらウェイトリフティングのエクササイズの習得は容易ではな

この記事を見る

適切なスクワットのフォームとは?

「膝がつま先より前に出ないように!」 スクワットを行っている時このような指示を聞いたことはありませんか?この研究では膝の前方への移動がエクササイズ中の各関節のトルクにどのような影響が出るのかを検

この記事を見る

バックスクワットのコンセントリック局面の速度に関する要因の分析

VBT(Velocity Based Training:(バーベルの)速度を基準としたトレーニング)は近年、トレーニング効率を向上させるために注目を集めているトレーニング方法の一つです。 VBT

この記事を見る

ウェイトルームにおける オーバーコーチング

トレーニングや指導の現場において選手やクライアントへエクササイズを教えるときしっかりと伝えられていますか? エクササイズを正しく行ってもらうためにどのような声掛けをしたらよいのか? コーチングにつ

この記事を見る