より高ボリュームのトレーニングは筋肥大を促進するか?

ジャーマンボリュームトレーニング(German Volume Training)とは1970年代にドイツを起源とした筋肥大のためのトレーニング方法です。このトレーニング方法では、一つのコンパウンドエク

この記事を見る

筋力向上には高重量のレジスタンストレーニングが必要

筋力を発揮する際はそれに応じた運動単位が動員されます。運動単位とはα運動神経が支配する筋線維からなり、活性化される運動単位の数やその発火頻度によって発揮される筋力が変化します。最大筋力やパワーの増加は

この記事を見る

コンカレントトレーニングの強度の問題

コンカレントトレーニングとは一つのトレーニングプログラムに、筋力やパワーを向上させるためのレジスタンストレーニングと持久力の向上を目的とした有酸素トレーニングを組み合わせるトレーニング方法です(1)。

この記事を見る

ストレングスアスリートに対するケトン食

ケトン食とは脂肪分が多く、タンパク質と炭水化物が少ない食事のことを指し、典型的な脂肪対炭水化物およびたんぱく質の割合(グラム数で)は3対1または4対1とされています。通常のエネルギー源である炭水化物の

この記事を見る

エクササイズによるハムストリングの筋活動の違い

一般的にノルディックカールやノルディックハムストリングカールと呼ばれているノルディックハムストリングエクササイズは大腿部後面の筋群に対するエクササイズの一つです。近年は筋力向上だけでなくハムストリング

この記事を見る

筋力や筋量の適応に性別差はあるか?

男性と女性の間には身体の構造やホルモンの分泌の違いなどが報告されています(1)。またエクササイズ後の免疫細胞の変化やサイトカインの分泌などにも性別差が報告されています(2)。エンデュランスエクササイズ

この記事を見る

挙上限界までのトレーニング

挙上限界後にさらに補助者の助けを借りて2~3回行うフォースドレップ法など、トレーニングにおいて挙上限界まで回数を行うことがあります。このことに対していくつかの研究が行われています。ベンチプレスを対象に

この記事を見る

エクササイズの可動域とdetraining

今回の研究では2つのトピックについて同時に検証しています。一つ目はレジスタンスエクササイズ中の可動域が筋の構造や能力に与える影響です。これについてはいくつかの先行研究があり、上半身、下半身ともに広い可

この記事を見る

減量中における筋量維持のためのサプリメント摂取

プロテインサプリメントの摂取はレジスタンストレーニングやスポーツを行うアスリートや一般の人にとって一般的です。特にレジスタンストレーニングにおけるプロテインサプリメントの効果には、筋肥大に始まり、筋力

この記事を見る

トレーニングからの回復に年齢は関係あるか?

加齢に伴ってスポーツや運動のパフォーマンスが低下していくといわれています。確かにMcLesterらは(3)30歳以下の若年群と比較して50歳以上の中年群はエクササイズ後の回復により長い時間を要したこと

この記事を見る