股関節可動域の向上方法

股関節のモビリティ(可動性)は腰椎と密接な関係性があり、腰痛患者においては股関節の可動性が小さくなっていることが報告されています(1、2)。また腰痛患者においては股関節のモビリティが大きいほど腰椎への

この記事を見る

フォームローラーの効果的な使用方法

フォームローラーの使用はSelf-Myofascial Release(SMR:自身での筋膜のリリース)の一種であり、以前にもこのコラムでフォームローラーを用いた研究を紹介しました(こちら)。フォーム

この記事を見る

ハムストリングの筋損傷は柔軟性だけの問題ではない

柔軟性と傷害の関係性についてはこれまでに多くの議論がなされてきました。特に、筋損傷の発生率の高いハムストリングとその柔軟性についての研究は多数なされています。Van Doormaalら(1)やGabb

この記事を見る

レジスタンストレーニングによる柔軟性の向上

ストレッチは筋の柔軟性や可動域の向上を主な目的とします。しかし、静的ストレッチは、柔軟性を向上させる一方で、長時間(60秒以上)のストレッチは急性的なパワー発揮の低下という負の影響を及ぼします(1)。

この記事を見る

柔軟性の向上は機能的動作に移行するか?

トレーニングやリハビリの目的の一つに機能的動作の向上や再獲得が挙げられます。そのような機能的動作はいくつもの身体要素、例えば筋力や柔軟性、協調性、持久力などが複雑に組み合わさることで構成されています。

この記事を見る

フォームローラーと筋持久力と肩関節の柔軟性

以前コラムにフォームローラーの効果についての記事を掲載しました。フォームローラーなどを用いて軟部組織に働きかける方法は実施部位や周囲の柔軟性や可動性を改善させることをすでにご存じの方も多いはず。

この記事を見る

適切なウォームアップによって筋へのダメージを軽減する

ウォームアップの重要性はこれまで多くの研究で証明されてきました。適切なウォームアップはスプリント(1、4)やアジリティ(2)、パワー(2)、跳躍(2、4)、持久力(3、4)や柔軟性・可動域(3)など様

この記事を見る

静的ストレッチとハムストリングの筋損傷の受傷リスク

スポーツ活動中のハムストリングの筋損傷は大きな問題となり得ます。ハムストリングはその構造や機能上、大きな負荷がかかりやすく(1)、傷害予防のためのプログラミングにおいて大きな焦点が当てられる部位です。

この記事を見る

筋膜リリースとダイナミックストレッチの効果の比較

Myofascial Release(MR:筋膜リリース)とは、徒手を用いた軟部組織への療法で制限のある筋膜に対して伸張を促すテクニックです(1)。近年は、一人でもできる方法としてSelf-Myofa

この記事を見る

青少年アスリートの可動性トレーニング

可動性(Mobility)トレーニングと柔軟性(Flexibility)トレーニングの違いをご存知ですか? 現在S&Cにおいて多く取り入れられているコレクティブエクササイズの一つとして多くの

この記事を見る