パフォーマンス向上のためのインターバルトレーニング実施例

近年注目されているピリオダイゼーションの一つにブロックピリオダイゼーション(BP)があります。BPはIssurinによって提唱されたピリオダイゼーションです(1)。蓄積期、移行期、発現期のメゾサイクル

この記事を見る

熱中症とトレーニング

熱中症とは? 人間の身体は深部体温を37.5℃前後に保つようにできています。スポーツや身体活動などによる筋肉の収縮によって熱が生み出されますが、身体は発汗や放射などによって熱を体外へと逃がし体温

この記事を見る

ディトレーニング

ディトレーニングとは? ディトレーニングとはトレーニングの減少や休止という意味だけでなく、それによってそれまでのトレーニングによって獲得した解剖学的、生理的及びパフォーマンスの適応の部分的または全体

この記事を見る

音楽がランニングとその回復へ与える効果

スポーツのパフォーマンスに心理面が影響をあたえることは多くの研究で証明されています(1)。スポーツのパフォーマンスに対する心理的な影響として、気分の高揚や、緊張などがあげられます。 気分を高揚さ

この記事を見る

睡眠及びエクササイズが口腔内の免疫作用におよぼす影響

唾液中には身体を細菌やウイルスから守るための多くの抗菌たんぱく質が分泌されています。口腔内は体内への入り口であり、様々な細菌やウイルスに対する最初の防衛線でもあります。この粘膜内に存在するたんぱく質に

この記事を見る

手のひらの冷却:深部体温とレジスタンストレーニングへの影響

高温多湿の環境での運動は深部体温を上昇させエクササイズのパフォーマンスを低下させるだけでなく熱中症などの重篤な症状を引き起こすこともあります(1)。そのため、高温多湿の環境が頻発する夏場はスポーツの練

この記事を見る

レジスタンストレーニング前の有酸素運動の効果

レジスタンストレーニングと有酸素運動を同じセッション内に行うコンカレントトレーニング法というトレーニング方法があります。筋力と心肺系持久能力を同セッションに内にトレーニングでき、時間的な制約がある場合

この記事を見る

スプリントトレーニング:地面上vsトレッドミル

現在ではどのフィットネスジムやトレーニング施設にも置かれているトレッドミル(ランマシーン)は天候に左右されることなくエクササイズを行える便利なトレーニング器具です。多くの研究でも走動作の解析や有酸素能

この記事を見る

HIIT vs スポーツ特異的ドリル:持久力向上のためのトレーニング

エネルギーシステム(持久系能力)のトレーニングはアスリートにとって重要なトレーニングの一つです。スポーツによって求められるエネルギーシステム(ATP-CP系、解糖系、有酸素系)の配分は異なり、そのため

この記事を見る

ランナーにおけるレジスタンストレーニングと骨密度の関係

ランニングは用具も必要なく気軽に行えるスポーツですが、実は、誰もが皆すぐにランニングを始めることができるかと言えばそうではありません。特に体重が多い人はランニングによる怪我が起きやすいと言われています

この記事を見る