パフォーマンス向上のためのインターバルトレーニング実施例

近年注目されているピリオダイゼーションの一つにブロックピリオダイゼーション(BP)があります。BPはIssurinによって提唱されたピリオダイゼーションです(1)。蓄積期、移行期、発現期のメゾサイクル

この記事を見る

レジスタンストレーニングからの回復はセットの構成によって変化する

レジスタンストレーニングは身体に急性的な様々な反応を引き起こします。筋機能の低下をはじめ、様々なホルモンも分泌されます。このような反応は、レジスタンストレーニングの強度やボリュームなどに左右され、長期

この記事を見る

スポーツトレーニングと並行したプライオメトリックトレーニング:いつ実施...

プライオメトリックトレーニングは筋パワーの向上を主な目的として行われ、結果として跳躍やスプリント、アジリティなどのパフォーマンスの向上につながります(1)。筋パワーの出力を最大化しトレーニング効果を高

この記事を見る

脚をゆすることで跳躍パフォーマンスが向上する?

身体が高いパフォーマンスを発揮しようとするとき、筋間のコーディネーションが重要となります。筋間のコーディネーションとは、動作が起こるうえでの主動筋と拮抗筋の適切な出力及びタイミングであり、スポーツ中に

この記事を見る

ディトレーニング

ディトレーニングとは? ディトレーニングとはトレーニングの減少や休止という意味だけでなく、それによってそれまでのトレーニングによって獲得した解剖学的、生理的及びパフォーマンスの適応の部分的または全体

この記事を見る

エキセントリック局面の持続時間

エキセントリックトレーニング、つまり筋活動のエキセントリック局面のみ、またはエキセントリック局面を強調したトレーニングは、他の方法と比較して筋機能を向上させ、筋腱複合体の適応を促し、筋力、パワー、スピ

この記事を見る

ジュニアアスリートに対する方向転換スピードのためのトレーニング

多くのスポーツにとってアジリティは非常に重要なパフォーマンス要素です。アジリティは「刺激に反応した速度の変化や方向転換を伴う急速な全身の動作(1)」であるといわれています。方向転換のスピードはそのアジ

この記事を見る

未経験者によるクリーン習得のメリットとデメリット

多くのスポーツでパワー発揮や跳躍力は選手のパフォーマンスを決定する重要な要素の一つであり、クリーンやスナッチといったウェイトリフティングエクササイズがそれらを向上させるためのエクササイズとして取り入れ

この記事を見る

アシステッドまたはレジステッドジャンプの効果

垂直飛びのパフォーマンス向上にはスクワットのようなレジスタンストレーニングに始まり、プライオメトリックス、オリンピックリフティングなどのパワートレーニングまで様々な方法が効果的とされています。今回紹介

この記事を見る

ユース年代のバスケットボール選手のプライオメトリクス

トレーニング効果を継続して得るためには過負荷の原則にのっとって身体にかかる負荷を適応に応じて増加させていくことが必要です。過負荷の方法として、重量やボリューム、難易度、動作の速度などを増加させることが

この記事を見る