ユース年代のバスケットボール選手のプライオメトリクス

トレーニング効果を継続して得るためには過負荷の原則にのっとって身体にかかる負荷を適応に応じて増加させていくことが必要です。過負荷の方法として、重量やボリューム、難易度、動作の速度などを増加させることが

この記事を見る

スプリント能力向上のためのトレーニング方法:レビュー

スプリント能力は陸上のスポーツにおいて非常に重要な身体特性の一つです。現在明らかになっている中でも、スプリント能力はスプリントやその派生動作を行うことによってスプリント動作を直接的にトレーニングする方

この記事を見る

コーチング:内的または外的に意識を集中させる

コーチングする際の声がけや指示によって、正しい動作を行わせたり、パフォーマンスを向上させたりするすることができます。ストレングス&コンディショニングコーチやパーソナルトレーナーにとって、正しい動作をク

この記事を見る

コンプレックス法における活性後増強(PAP)効果

コンプレックス法やコントラスト・トレーニングと呼ばれるレジスタンスエクササイズとジャンプなどのプライオメトリックエクササイズを組み合わせたトレーニング方法はアスリートのトレーニングプログラムにおいて一

この記事を見る

レジスタンストレーニングとプライオメトリックの比較

レジスタンストレーニングを行うことで筋力の向上や筋肥大の効果をもたらすことは周知のこととなっています。レジスタンストレーニングの効果は多くの研究で証明され、またその汎用性も高く様々な身体能力を向上させ

この記事を見る

両側性と片側性のプライオメトリックス:垂直跳びへの効果

以前、スタッフコラムで両側性と片側性のエクササイズの効果を検証した研究を紹介しました(リンク)。スクワットとステップアップのトレーニング効果を比較した研究でしたが、片側性のエクササイズのみの実施でも両

この記事を見る

ジャンプパフォーマンスのためのレッグプレスとスクワットのトレーニング効...

下肢の伸展筋の筋力を向上させるエクササイズとしてスクワットやレッグプレスが挙げられます。どちらのエクササイズも筋力の向上に関しては有効的です。スクワットは脊柱に負荷のかかるストラクチュラルエクササイズ

この記事を見る

リカバリーのための連日の冷水浴の効果

激しい運動後に回復を促進させたり、炎症や損傷を抑えるたりする目的で冷水浴(CWI:Cold Water Immersion)が用いられることが増えてきました。スポーツにおいては古くから冷水浴を対象に多

この記事を見る

ウォームアップにおける高強度エクササイズの効果

ウォームアップは傷害の予防のみならずスポーツパフォーマンス向上のためには必要不可欠なものとなっています。適切なウォームアップは血流を増加させることによって体温を上昇させることから始まり、筋の柔軟性や関

この記事を見る

ウェイトリフティングエクササイズvs荷重したスクワットジャンプ

クリーンやスナッチといったウェイトリフティングの種目によるパワーや跳躍パフォーマンスの向上効果は多く報告されています(1、2、3、4)。しかしながらウェイトリフティングのエクササイズの習得は容易ではな

この記事を見る